[広告]

当サイトにはプロモーション広告が含まれています。

夏タイヤの選び方 2024

エコタイヤ

当サイトのご利用ありがとうございます。

夏タイヤの売れ筋は、エコタイヤのスタンダードタイヤが主力になっています。

エコタイヤとは、低燃費をうたうタイヤのことです。

エコタイヤと認められるのは、次のマークで転がり抵抗性能が「A」以上、かつウエットグリップ性能が「a」「b」「c」「d」のいずれかの場合のみです。

これは定められた試験方法によって決められます。

エコタイヤ

エコタイヤのブランドは、メーカーで言えば

ブリヂストン:NEWNO、エコピア(ECOPIA NH200 シリーズ)、Playz PXⅡ、REGNO

ヨコハマ:ブルーアース(BluEarthシリーズ)

ダンロップ:エナセーブ、LE MANS V、VEURO VE304

TOYOタイヤ:ナノエナジー(NANOENERGYシリーズ)

ファルケンタイヤ: SINCERAシリーズ

グッドイヤー:EAGLE LS EXE(イーグル エルエス エグゼ)

ミシュラン:E・PRIMACY、ENERGY SAVER 4、PILOT SPORT EV、ENERGY SAVER+

などです。

静粛性と乗り心地の良さを追求したコンフォートタイヤやプレミアムタイヤでも、エコタイヤはあります。

また、スポーツ性能を追求したタイヤは燃費性能に主眼を置いていないため、エコタイヤでは無いのが普通です。

車に応じたタイヤがおすすめです。一般的には、手ごろな価格のエコタイヤが売れています。

スタンダードタイヤは、195/65R15サイズ4本で47,000円前後が売れ筋です。

コンフォートタイヤになると、同じサイズで4本で7万円以上で、かなり高額になります。

人気は、耐久性、燃費、ウエット性能のバランスの面と信頼性の点で、ブリヂストンヨコハマでしょう。

ミシュランはサイズの種類が比較的少ないので、サイズが合えばおすすめです。

なお、ダンロップは要注意で、トヨタやホンダなどで新車標準タイヤとして採用されていますが、EC300シリーズは短い期間でひび割れが発生すると言われます。

実際、私の車もダンロップ製エナセーブEC300は3年半でひび割れが発生しました。耐久性の点で、私個人としては今の時点では他のシリーズもおすすめできません。

ダンロップタイヤは住友ゴムが生産していて、ファルケン、グッドイヤーも同じ住友ゴムで製造しています。

なので、これらのタイヤは今の時点では、耐久性には疑問が残ります。今後の口コミに注意してはいかがでしょうか。

TOYOタイヤは評価が少ないので、同じ値段なら、信頼性の点でブリヂストンかヨコハマをおすすめします。

輸入タイヤは残念ながら正確な評価がわからないため、あえておすすめはしません。1、2年後に車を手放すといった状況ならありかもしれません。

次は人気商品の例です。各種サイズがあります

ブリヂストン エコピア NH200(AA/b)195/65R15 4本セット

 

ブリヂストン ネクストリー (2012年登場 A/c)195/65/R15 4本セット

 

ヨコハマ ブルーアース ES32(2021年登場 A/c)195/65R15 4本セット

 

ヨコハマ ブルーアース AE-01(2012年登場 AA/c)

 

通販で購入するときは、必ず在庫の有無をメールで確かめましょう。

返信が来ないところからは購入しないほうが無難です。

ホイールの組み換えはディーラーさんかガソリンスタンドで行います。有料です。一般的には組み換え、ホイールバランス、廃タイヤ処理で4本で13,000円から15,000円前後です。

 

タイトルとURLをコピーしました